保証人免責否定規定の根拠付けとその批判

"しかし,これらの倒産法諸規定の適用場面で,通説が免責された債権を自然債務とすることおよびそれを前提として保証人の責任を存続させることについては,早くから有力な批判がなされている。すなわち,個人破産の場合,免責後も自然債務の存続を認めると,債務者に対して任意の弁済を求める悪質な債権者が横行する,とする。さらには,保証人の責任は訴訟上も追及しうるとしておくことが,間接的に事実上債務者に弁済を強制することになるから,個人債務者の再生を妨げる,というのである。<a href=""https://vpkarouk.com/principal-obligor/guarantor/"">https://vpkarouk.com/principal-obligor/guarantor/</a>"