受益「権」という考え方

委託者が受託者に財産を渡し、受益者のために運用するように指示することを、法律的に「信託行為」といい、そのような行為によって「信託が設定された」といういい方をします。つまり、儒託が設定されたということは、頑丈な箱の中に財産が移されたことになります。<a href=https://axaimwebtv.com/thinking/>https://axaimwebtv.com/thinking/</a>